くつしたのお直し




今年の冬から履いている

石徹白洋品店さんのwool100%のくつした



踵 と つま先が こんにちは


してしまったので繕いを。





くつしたを脱いだときに

繊維のかたまりが足裏にくっついていたり

裏側の隅にたまっていたりしませんか?



↑これ

それはその分だけ薄くなってしまったという証拠でもあります。


普段ならば捨ててしまうところを、

ニードルパンチの技法を覚えてからは いち“素材” として見れるようになり、

今回はその毛の “繊維のかたまり” を使って

さらに頑丈にお直しをしてみました。



毛糸でダーニングしたうえに

“繊維のかたまり” を置いて均一にならし

ニードルパンチでひたすら ちくちく





くつした自体から発生した繊維なので

色もばっちり馴染み

もこもこと異素材で切り替えたようなデザインになりました。






穴が空く前、

少し薄くなってきたなぁという時点だったら

ダーニングなしでニードルパンチだけでも繕えるかもしれません。



ニードルパンチを施した箇所だけ伸縮性はなくなってしまいますが、

その点が気にならないかたには

気負わずにできるとても楽な繕い方だと思います◯



毛のくつしたをお持ちのかた

ぜひお試しになってみてくださいね。


※基本的には毛の繊維の特質上できる技法になるため、綿や麻素材のものではこのやり方は残念ながらできません。



手縫い針の他にニードルパンチの針も手芸箱に忍ばせておくと、手仕事の幅がぐーんと広がりますね。





special thanks

やすこちゃん


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示