成人式2021

ご成人おめでとうございます






















振袖一式

-----------------------------------------------------------------


染家(実家の屋号)の怜子さん(祖母)が

赤い着物はイヤ、というわたしに誂えてくれたものです。

時を経て2019年、

二十歳を迎えた同僚が袖を通しました。


*バッグ、草履付


------------------------------------------------------------------

箪笥主・菊川 文さん

















箪笥主さまからの成人祝いとして、菊川さんが作られたシンプルなコットンパールのひとつぶネックレス/耳飾りのセットを


店主からは振り袖に描かれた花をイメージしてbotanicalpeopleさんのお花をお気持ちプレゼントさせていただきました。


祝日法第2条によると、

成人の日とは

おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます

こと、とあります。


交衣室megeらしく、衣を通して持ち主さまと一緒に祝うかたちをつくれないかなと、今回お試しで始めてみました。祝うということは、祝われるほうも、祝うほうも、関わる人みながあったかい気持ちになっていいですね。



菊川さんのアクセサリーは、コットンパールや水晶をあしらったシンプルなものを中心に、常設で販売/お貸し出しもしております。



最近、10年後うちの子もよろしくね!といったお声をよく掛けていただくようになりました。嬉しいなぁ。続けられるように頑張らねば~


来年度以降のご相談は、 振袖の常設はしておりませんので 事前のお問い合わせをどうぞよろしくお願いいたします。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

かわいい服には旅をさせよ