羊毛作家 yasuko watanabe展 2022




羊毛作家・渡辺泰子さんの展示を約二年ぶりに当店で開催させていただきます。


東京から熊本の阿蘇に移住されてからの心境の変化で、これまで主としていたフェルト作品以外に毛糸を紡ぐことが増えたそう。 (泰子ちゃんのそのお気持ちについては以下に記しています✎)

阿蘇の植物で染めたものも含めた色とりどりの手紡ぎ毛糸(wool100%)とフェルト作品が並びます。もちろん “ひそむ” もね。

この期間中はオーダー作品のご相談も承りますので、ぜひぜひご覧においでください。

━━━━━━━━━━━

羊毛作家

yasuko watanabe展2022

━━━━━━━━━━━

2022.4.21(木) - 30(土)

期間中 木・金・土 営業

11:00 - 18:00

━━━━━━━━━━━

@ 交衣室mege

宮城県宮城郡松島町高城字町133

━━━━━━━━━━━



以下、渡辺泰子さんより

羊毛で物作りをして10年くらいたちますが、内容としましてはわたしはフェルトが好きなのでほとんどフェルトばかりです

仕事でずっと糸紡ぎをお伝えしたり染めたりすることはあっても

お家ではフェルトが楽しくてフェルトばっかりやって物作りを楽しんでいました

去年から羊毛についてさらに向き合うことが増えるにつれて

なぜだか無性に糸を紡ぎたくなる時が増えました

糸を紡いでると頭がすごく整理されていくんですよね本当に

答えがしっかり出たりもして

改めて紡ぎはすごく面白いなぁとおもいました

はじめて自分が欲しい糸というものが生まれました

わたしは編みものはまったくできません

でも編まれた帽子は大好き

だからこんな帽子だれか編んでほしいなぁと思いながら糸を紡いでいったら

なんだかたくさんかわいい糸が出来ました

かわいいこの糸たちをわたしは

ひそむの糸と名前をつけました

そういった経緯や想いを託すなら

交衣室megeさんしかないなと思っておりました

受け止めてくれてありがとう





わたなべやすこの生き物ひそませ全国ツアー

以下、宮城の旅路

5/5(木) 日用品と喫茶 ハチワレ堂 @気仙沼

内容∣わたなべやすこの生き物ひそませワークショップ

6(金)-7(土) 交衣室mege @松島

内容∣わたなべやすこの裂き織りワークショップ

8(日)-9(月) 母家omoya @岩出山

内容∣わたなべやすこの生き物ひそませワークショップ

11(水)-12(木) わたなべやすこの羊毛プライベートレッスン可能日◯ ※12日はご予約でいっぱいとなりました(4/12現時点)

13日(金) みち草工房 @石巻

内容∣わたなべやすこの生き物ひそませワークショップ

14(土)-15(日) 多夢多夢中山工房 @仙台

内容∣午前 わたなべやすこの生き物ひそませワークショップ/午後 羊毛ブローチ作りワークショップ

お問い合わせは各会場さんまでお願い致します。



わたなべやすこの羊毛プライベートレッスン可能日は、

羊毛で作りたいものが明確にあるけれど開催ワークショップにやりたいことが当てはまらなかったり、お子さんや家庭の事情で外に出ることが難しい、紡ぎ車の修理~調整をしてほしい、など、

個人的なご希望に沿った訪問レッスンが可能な日になります。

こちらは渡辺泰子さんご本人へお問い合わせください。

この期間中の再会、新たな出会いを心から楽しみにしています。



 

渡辺泰子

watanabe yasuko






















文化服装学院デザイン専攻卒業

某アパレルメーカーのOEMを経て、株式会社アナンダに入社し、羊毛についての知識と技術を10年間学ぶ。主にアナンダ吉祥寺店にてフェルト、植物染め、織り、糸紡ぎの講習を担当。

その傍ら、個人で「日常に潜む生き物」をテーマに羊毛や絵で創作活動を開始。

東京をはじめ、神奈川、宮城、新潟、直島、熊本など全国様々な場所で、個展や合同展示を開催。

羊毛の特徴を生かしたワークショップや暮らしに役に立つワークショップ、文化服装学院オープンカレッジにて羊毛の講座を持つなど、教える仕事も精力的に活動中。

現在は熊本県阿蘇市の阿蘇ひつじプロジェクトをきっかけに拠点を熊本に移し活動の幅を広げ、現在に至る。


HP



 

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示