top of page

chiemi chiba bespoke shoes&sandals collection

更新日:2023年3月15日




今回の企画に合わせて

オーダーを考えてらっしゃるお客さまのご参考になったら嬉しいなぁと、

これまで千恵美さんに靴をオーダーされたことのある方々に自慢の一足をご紹介してもらいました。



ご協力くださったみなさま

そして みなさんとやりとりをしてくれた MAGIC MARKET店主・佐々木 愛美さん

どうもありがとうございました!



ではまずは、わたしから。



黒のシンプルなスリッポン





megeのお店自体が大きな試着室のような作りであることもあり、一日に何度も靴の着脱をするわたし。

ふだん履く靴のかたちは特に気にかけていなかったのですが、今のお店をopenしてからその靴問題に気付いてしまい、着脱のたびに少しストレスになっていました。


スッと履けて、かつ、公の場にも普段使いにも履けるかっこいいつっかけのような革靴が欲しいなぁ、、 と、お店をopenした翌年の2020年に、かねてからオーダーしてみたいと思っていた千恵美さんにご相談。


宮城⇔東京の遠隔で、わたしが上京するタイミングで実際にフィッティングをみてもらったりしながら、半年ほどかけて少しずつかたちにしていってもらいました。



‐制作工程‐






足のサイズかたちはもちろんのこと、わたしが普段どんなファッションをすることが多いか、好きなボトムスの丈は、などもヒアリングで汲んでくださり、全体的なバランスから靴の長さを決めていったりと、靴ってこうやって作っていくんだぁ、と自分のためだけの作る工程を感じながら完成を迎えたときは、感動一入でした。 おかげさまで、履きつぶしてはいけないとわかっていながらも、ついついこの一足ばかりを履いてしまいます。


ちなみにわたしの足は左右で1㎝近くサイズが違い、外反母趾で幅広。chiemiさんにオーダーをしたことで、自分の足をあらためてじっくり見つめる機会にもなりました。

足にコンプレックスを持つかたも、自分のためだけの靴をオーダーすることで自分の足ごと好きになってもらえたら嬉しいなぁと思います。



交衣室mege店主 内田麻衣



ベージュスエードの足首リボンサンダル/黒の親指ホールドタイプのサンダル/ワイン色ローファー



私がこれまでオーダーして作ってもらった靴はサンダル2足とローファー1足の3種類。


私は気に入ったものは履き潰してしまうほど履いてしまう事が多いので、自分の足に合う上に、革や色や形なども選んで作ってもらえて、その後もメンテナンスしてもらいながらずーっと履けると考えたら、オーダーして自分だけの靴を作ってもらえるって良いとな思いました。

デザイン的にもカッコよくて好みだったので、時期をあけながらオーダーして、種類の違う3足が揃いました◎どれもお気に入りです。



初めて注文した靴は、 足首をくるくるっとリボンで巻くスエード素材のサンダル。


見た目も可愛いし、ベージュのスエードは柔らかくて足に当たって痛くなることもなかったです。


ソールはビブラムソール、立ち仕事でも足裏が痛くなることも全くなくて楽。

紐部分が歩いてたら引っ張られて足首が痛くなるかと思ったりもしたけど全然痛くなることもなかった。

素足で履いても全く蒸れることがないのも素材の良さを感じました。



2足目は、黒のレザーサンダル。


黒のサンダルが欲しかったのと、ちえみちゃんが履いてるのを見てカッコよかったので真似しました。笑 


レザー部分を黒く塗らないこのサンダルの横向きの表情が好きです。夏はほぼ、こればかり履いてます♪



3足目は、いつか注文したかったローファー。


シンプルなローファーの形をみて、これ!!と即決。

レザーはキャメルを勧めてもらって大正解◎ぽこぽこした凹凸と硬めな素材がカッコよかった。

色は、自分の服装の事を考えて、ワイン色にし、ソールの裏も色が選べたので、カーキにしました!


出来上がったとき、実物をみたら、靴の脇部分(コバ)の細かなデザインにも感動。

今は一年くらい経ちましたが、良い感じに革が馴染んできて、歩きやすくて、オーダーメイドの素晴らしさを感じました。


裏に自分だけの印を入れれるとのことで、悩みましたが、片側だけに「m」を入れてもらいました。



ローファーのフィッティングではサンダル以上に何度もやりとりをして時間をかけて作って貰ったので、勉強になったことがたくさんあったし、届いた時の喜びもさらに増した記憶が強いです 。



‐制作工程‐












長く履いてどこか壊れてもちえみちゃんに直してもらいながら、一生履きます。



MAGIC MARKET店主 佐々木 愛美さん

どれもこれも愛美さんらしいチョイス。

コーディネートもいつも素敵で参考になります。


megeのお客さまにも愛美さんのファンが多いんですよ。(わたしも)



ベージュスエードの足首リボンサンダル




春と秋口に登場する私のオーダー靴👞

オーダーメイドは敷居が高い感じがしましたが、初めて足型を取って、色や素材も選べて楽しかったです😊

自分の足の指の長さと甲の高さが左右違うこともあって、職人さんに相談出来るのはありがたいですね😊

私が選んだベージュは、色んな服装に合わせやすくて使いやすいです😃

紐の結び方によって印象を変えられるのもお気に入りのポイントです😌



MAGICMARKETお客様

(愛美さんとお揃いですね♩)



ベージュスエードのスリッポン/藍染ショートブーツ




スエードのスリッポンです。

私の足は大きく甲も高くお洋服を着た時に足だけが目立つのが悩みでした。足の長さ、幅、甲の高さ、全て測って作っていただいたおかげでぴったりフィットして一日中履いていても疲れず、お洋服を着たときのバランスもとても良い一足です。

長い期間履いている間に履き口が少し緩くなったきたので知恵美さんにメンテナンスをしていただいてオーダーの靴はずーっと履き続けていられるんだ〜と嬉しい気持ちで履かせていただいています。






藍染ショートブーツです。

紐の靴って脱ぎ履きが大変なのかなぁと思っていたのですが、その不安はよそに紐で調整出来るのがとても便利です。

紐で調整出来るため靴下が厚手でも薄手でも足にぴったりとフィットします。

くるぶしの位置を考慮して履き口の高さを合わせて作っていただいているので足のどこにも当たる事なく楽で一度履いたら脱ぎたくなくなる一足です。



MAGICMARKETお客様



内羽根のロングウィングブローグ(レザーソール/ハーフラバー)






いつかビスポークの靴を作りたいと想ってました。こんな早く叶うとは思わなかった。

兎に角、特別な靴です。


ちえみちゃんにリクエストしたのは

ドレッシーだけどカジュアルな革靴


細かいシボ革

細かい2本のダブルステッチ

バタフライのブローグ

白のステッチ

底付けの素晴らしさ

履き心地の気持ち良さ

見ていて履いていて、気持ちが上がる靴


沢山履いて壊れたら修理して貰う。

また、ちえみちゃんに会える。

そう思うとまた嬉しい。

経年と共に作る人と繋がっているこの靴は、とても豊かで幸せになります。



余白 代表・渡辺さん




MAGICMARKETさんでは余白さんのお洋服も扱ってらっしゃるので 千恵美さんの靴も余白さんの服もどちらもあわせてご覧いただけますよ。







みなさんこだわりの一足を見ていたら、

わたしもまたいつかオーダーするなら~…と夢が広がってしまいました。笑


当日お客さまとの対話-bespoke-をお聞き出来るのを楽しみにしています。





chiemi chiba orderevent bespoke shoes&sandals ━━━━━━━━━━━━ 日 程 2023.3.18㈯-19㈰ at magicmarket(岩手一関) 2023.3.25㈯-26㈰ at mege(宮城松島) 時 間 11:00-18:00 ━━━━━━━━━━━━


オーダーや修繕のご相談は期間中のお話会以外の時間帯(15:00-16:00)でしたらいつご来店いただいてもかまいませんが、

確実にご相談をされたいお客さまは日時のご予約をいただけると安心かもしれません。 お問い合わせはお気軽にどうぞ。




chiemi chiba

━━━━━━━

岩手県一関市出身。 高校までを岩手県一関市で過ごし大学入学を機に東京へ。 大学卒業後、数年社会人を経験し、ワーキングホリデーでニュージーランドへ。

ニュージーランドで出会った女性靴職人の生き方やものづくりに影響を受け、帰国後、銀座にあるビスポークシューズ店(クレマチス銀座)の靴教室に通い始める。 手製靴の美しさとビスポークシューズの履き心地に感銘を受け、靴の道を志す。 2015年から、同店で靴職人として働き始め現在も勤務を続けながら、個人でビスポークシューズとサンダルの製作を「chiemi chiba」として活動中。

閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page