青いお手紙‐染め直しについて‐




青鬼さん こと some-mono佐々木龍大さん初となる個展が開催されました。



今年一年間、ご自身の内なる青いところとずっと対話されてきて、 出したお答え、生まれた表現のかたちが今回の展示にぎゅぎゅっと詰まっているのだろうな、と、遠くに住む赤鬼めは想像しています。




ここで 大事なおしらせ


藍型染め師として新たな道を歩まれはじめた青鬼さんを応援したく、

青鬼と赤鬼のあおいお手紙として承ってきました衣服の染め直しについては、 今後一切やめることに致しました。


これまでご依頼くださいました皆さま、本当にどうもありがとうございました! こちらの勝手な都合ばかりで大変申し訳ごさいません。。

あおいお手紙のやりとりは別のかたちでつづいていきますので、

青鬼と赤鬼の物語を引き続き見守っていただけましたら嬉しいです。





以下、 終了してしまいましたが、青鬼さんの言葉(決意)をこちらに記したいと思います。

第壱回 some-mono 佐々木龍大

『正藍の型染展』

令和2年12月5日(土) 6日(日)


わたくし自身、初めての展示会です。

藍草から作る蒅と灰汁のみで醗酵させる方法で染める本来の藍染で

型紙、型付け、染めまですべて一人で行っております。

本来の藍がもっとも映える和の物、今回は浴衣で表現しました。

まだまだ未熟な者ですが、是非ご覧になっていただきたいです。


飽きのこない図柄と淡色も濃色も美しい本染めの藍色は

世代を問わずに使い続けられると思います。

型を生地の両面に施しているのも永くご愛用いただけるようにとの想いです。

手作業のため、また藍の状態との兼合いで仕上がりにはお時間をいただきますが、

一反一反又とない物を拵えます。

是非この機会に足をお運びください。


佐々木龍大








かっこいい~~

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示